超音波加工機の製造販売とガラス、セラミックの超音波加工 – 日本電子工業株式会社

製品情報 UM-150C

  • HOME »
  • 製品情報 UM-150C

超音波加工機ラインナップ

UM-150C UM-500DA

UM-500GAN UM-1000EA/UM-1500EA

UM-150C

UM-150C
材料試験用テストピースの切り出し
小型部品の打抜き・孔あけ・ザグリ加工
小径孔の複数個同時加工

特長

(1)油圧重錐式による加圧方式で、加工台を下から上へ押し上げ加工圧がかかります。
外形の小さい材料(60□以下)、重量(.1.5Kg以下)の加工が可能です。
(2)加工送り感度がよいので、φ1mm以下の小径孔、細いスリット等微少加工が可能です。
(3)完全な砥粒循環方式なので、長時間の連続加工ができます。

仕様

■ 発振周波数 16または25 (KHz)
■ 周波数調整 自動・手動両用
■ 最大出力 150 (W)
■ 電源 AC100V 50/60Hz
■ 消費電力 350 (VA)
■ 外形寸法(幅×奥行×高さ) 発振器:300×402×147 (mm)
加工装置:300×350×1000 (mm)
■ 重量 発振器:12 (kg)
加工装置:50 (kg)

※ 他機種と比較する場合は仕様一覧をご覧ください。

付属品 / オプション一覧

ホーン (1つ穴加工用) 3本 振動子からの振幅を拡大、整合して工具に伝えます
接合用ハンダ 100g ホーンに工具を接着する時に使用します
ハンダ用フラックス 100ml ハンダ付けを補助するものです
砥粒 2kg B4C(2kg)とSiC(5kg)のどちらか選べます
接着剤 2本 加工物をガラスに貼り付けるのに使用します
出力計 オプション 出力をワット表示
ネオクールサーキュレータ オプション 振動子の循環冷却装置
サ−キュラーテーブル オプション 加工台下に設置しθ軸の微調整ができるようになります

 

オプション一覧

ホーン
ホーン 先端の工具は磨耗したら交換できますのでホーンはそのまま使用することができます。
通常、1つ穴加工できるホーンを3本お付けしますが多軸のホーンに変更もできます。
(要相談)
ハンダ
ハンダ ホーンに工具を付ける時に使用します。
*写真のハンダは1kgのものです
フラックス
フラックス ホーンに工具をハンダ付けする時に、ハンダの流れを良くする為にフラックスを塗ります。
*写真は500ccのものです
研粒
研粒 SiC #360(シリコンカーバイト:写真左)なら5kg、B4C #280(ボロンカーバイト:写真右)なら2kg付属品としてお付けします。
*#360、#280は砥粒の粒径を表します。
SiCは主にガラス、フェライト、グラファイト、圧電セラミックス等の加工材料に、B4Cは主にアルミナ、サファイヤ、炭化けい素、窒化けい素、ジルコニヤ、超硬合金焼入鋼等の加工材料に使用します。
接着剤
接着剤 貫通穴を開けるとき、抜け側にでるカケを防ぐために加工物をガラスなどに貼り付けます。
ホットプレートなどで加工物とガラスを温め、接着剤を溶かしながら塗り付け貼り付けます。
加工完了後、再度ホットプレートなどで温め、ガラスから加工物を剥がし溶液に浸して接着剤を洗浄します。
出力計
出力計 超音波出力をデジタルで表示します。
加工時の出力を表示することにより、加工条件を一定に保つことができます。
冷却水循環装置
冷却水循環装置 ニッケル振動子の冷却用に使用するもので、外部密閉系循環式の冷凍機と強力な循環ポンプにより低温水を安定して供給できる節水型の冷却水供給装置です。
サーキュラテーブル
サーキュラテーブル 加工台の下に設置し、θ軸の微調整用に使用します。

 

超音波加工機のことならどんなことでも! TEL 03-3783-6341 お気軽にお問い合わせください

加工お引き受け

加工数量は少量多品種から量産までお引き受けいたします。 加工内容、材質、加工数量をご連絡いただければ加工の可否検討のうえ見積りいたします。
PAGETOP
Copyright © 日本電子工業株式会社 All Rights Reserved.